山口県山口市の温泉、湯田温泉。湯田温泉の宿泊、観光、足湯を紹介。白狐が見つけた湯田温泉へどうぞおいでませ

湯田温泉とは

  • HOME »
  • 湯田温泉とは
toponsen02 toponsen02_sp

白狐が見つけた、美白の湯~湯田温泉~

湯田温泉はアルカリ性単純温泉で、肌によく馴染むやわらかい湯が特徴です。
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、ぢ疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進に効能があるため、昔から多くの人々に親しまれ、そして愛されてきました。 しかし、一番の特徴は豊富な湯量、1日になんと2,000トンもの天然温泉が湧き出ているのです。
また、温泉の熱源には「火山性」と「非火山性」がありますが、非火山性の源泉の場合は42℃を超えない場合がほとんど。しかし、湯田温泉は非火山性でありながらも70℃を超えており、県内の温泉の中では最も高い値を誇っています。
山口大学大学院の研究結果によると、湯田温泉の一帯には、活断層の活動で生じた地溝帯などに広範囲の地下水が活断層に沿って流れ込んでおり、集中した地下水がひび割れが多い貫入岩を通ってさらに深い場所にある熱源で温められた後、再び地表近くに上昇しているそうです。それが、豊富な湯量と高い温度の秘密なのかもしれません。
泉質 アルカリ性 単純温泉
肌によく馴染む、軟らかい湯です。
温泉独特の癖が気にならず、ゆったりとした気分で長湯できます。
泉温 無色透明の湯で、7つの源泉の最高温度は72度となっております。
湯量 豊富な1日2000トンの天然温泉
無色透明な湯が、濁らない理由は、豊かな湯量にあります。
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
うちみ、くじき、慢性消化器病、ぢ疾、冷え性
病後回復期、疲労回復、健康増進、他。
美肌の湯
アルカリ性が高い泉質は、お肌をすべすべにする効果があります。
toponsen03
toponsen04
toponsen28 toponsen28_sp
源泉名:
湯田温泉ミックス泉
泉質名:
アルカリ性単純温泉
泉温:
63.6℃
温泉の成分:
知覚的試験: 無色透明、無味無臭
PH値: 9.14
ラドン: Rn[0.98×10-10 Ci/kg]
蒸発残留物: 0.596g/kg
密度: 0.9985
浴槽温度: 約41℃
温泉1kg中の成分(分量及び組織):
1.陽イオン
成分ミリグラム mg
ナトリウムイオン206.8
カリウムイオン4.12
カルシウムイオン6.55
ストロンチウムイオン0.18
アルミニウムイオン0.02
リチウムイオン0.04
陽イオン計218.08
2.陰イオン
成分ミリグラム mg
フッ素イオン11.42
塩素イオン274.8
炭酸水素イオン15.00
炭酸イオン15.96
硫酸イオン12.02
水硫イオン0.02
水酸イオン0.24
リン酸イオン0.02
陰イオン計329.48
※マグネシウムイオン、総鉄イオン、マンガンイオン、亜鉛イオン、水素イオン、臭素イオン、ヨウ素イオンは含まれておりません。
3.遊離成分
非解離成分ミリグラム mg
メタケイ酸72.43
メタホウ酸6.55
78.98
4.その他微量成分(mg/kg)
成分ミリグラム mg
総ヒ素0.00
0.00
0.00
総水銀0.00
カドミウム0.00
toponsen05 toponsen05_sp

権現山の白狐伝説


室町時代、山口は京都に次いで、堺や博多などと並ぶ大都市のひとつとして栄えていました。この地を治めていた大内氏が京都になぞらえて建設した町並みは美しく、その中でも、山口の中心街に近く自然の景観にもすぐれ、豊富な湯が湧き出る湯田の地は、魅力ある土地として広くしられていました。

この温泉の起こりは、三十世大内義興(よしおき)公の時代にまでさかのぼります。

そのころ、村のお寺にあった小さな池に、ケガをした一匹の白狐が毎晩傷ついた足をつけにやって来ていました。その様子を眺めていた和尚さんが、夜明け近くになってようやく去って行く白狐の住みかをのぞいてみたところ、そこは、お寺の北東にある峰の中腹で、かつて二十四世大内弘世(ひろよ)公が紀伊の熊野三所権現を迎えてお祀りした権現山だったのです。

不思議に思った和尚さんが、白狐をつけていた池の水をすくってみると、なんとほんのり温かい。そこで、さらに深く掘ってみたところ、なんと大量の湯がこんこんと湧き出てきたのです。

昔々、湯田の権現山の麓の寺に小さな池があった。

その池に毎晩、傷ついた白狐がやってきて、足をつけていた。

この様子を見ていた寺の和尚さんが、不思議に思って、
その池の水をすくってみると、温かい。

そこで池を深く掘ってみると、
湯がこんこんと湧き、薬師如来の金像があらわれた。

この仏像は拝んで湯あみをすると難病も治る
「白狐の湯」として評判となり、温泉は栄えるようになったという。

昔々、湯田の権現山の麓の寺に小さな池があった。

その池に毎晩、傷ついた白狐がやってきて、足をつけていた。

この様子を見ていた寺の和尚さんが、不思議に思って、
その池の水をすくってみると、温かい。

そこで池を深く掘ってみると、
湯がこんこんと湧き、薬師如来の金像があらわれた。

この仏像は拝んで湯あみをすると難病も治る
「白狐の湯」として評判となり、温泉は栄えるようになったという。

薬師仏と湯田温泉の繁栄


和尚さんが掘った池から出てきたのは、実は温かい湯だけではありませんでした。土の中からは同時に薬師如来の金像が現れたのです。喜んだ和尚さんは池を屋根で覆い、傍らに仏堂を建てて薬師如来を安置し、湯田温泉を鎮護する仏としたのです。

それ以来、山口の民衆が多く集まり、薬師如来を礼拝しては入浴するようになりました。民衆たちの不治の病はたちまちよくなり、皆が健やかに暮らせるようになりましたが、いつの時代も悪い人間がいるもの。この薬師如来を奪う盗賊が現れてしまいます。盗賊は九州の地まで逃げましたが、そこで海に落ちて死んでしまい、薬師如来もいっしょに沈んでしまったとのこと。

しかし、数年経ったある日、不思議なことに薬師如来の像だけが仏堂の中に舞い戻りました。和尚さんは薬師如来を修復し、仏堂も再建したということです。

湯田温泉には、薬師如来にまつわる不思議な話が他にも多く残されています。人々は、この温泉こそ熊野三所権現が授けてくださった霊妙な力を持つ液体であり、薬師如来もまた神が託されたものである、と大切に思い、湯田の町を温泉の町として繁栄させ続けたのです。

toponsen07 toponsen07_sp

湯田温泉の名を広く知らしめたものの中に、『山口十境詩』というものがあるのをご存じでしょうか?

足湯のある湯田の脇道に建てられた詩碑には、その中のひとつである「温泉春色」という詩が刻まれています。

大内弘世公の時代に山口を訪れた明の使者・趙秩(ちょうちつ)は、名勝十箇所を選び、『山口十境詩』と題して十境の詩を詠みました。その中にある「温泉春色」は、湯田温泉を象徴したもので、趙秩は湯田の自然を「姿がすぐれふっくらとしている」と賞賛しています。

「温泉の春色(しゅんしょく)」

山川、秀孕たり、陰陽の炭

天地、鋳成せらる、造化の炉

誰か献じけむ、玉鴎、天宝の後

派分して、春色、東隅に到る

現代語訳

この地(湯田)の自然(山川)は姿がすぐれふっくらとしている。これは陰の気と陽の気が激突して流れる出る溶岩が造りあげた結晶である。
すなわち、天地万物は、天然の溶鉱炉の中で鉱物を溶かして鋳型にはめて造りだされたものといえる。
それにしても、いったい誰が、唐の玄宗皇帝の治世、天保(七四二~七五五)の後までも美しい百合鴎を献上したのであろう。
それか派かれて分かれて、ついに東方の国、日本の一隅まで飛んできて、周防の湯田の川面にその可憐な姿を浮かべ、春景色を美しく描き出している。

「温泉の春色(しゅんしょく)」

山川、秀孕たり、陰陽の炭

天地、鋳成せらる、造化の炉

誰か献じけむ、玉鴎、天宝の後

派分して、春色、東隅に到る

現代語訳

この地(湯田)の自然(山川)は姿がすぐれふっくらとしている。これは陰の気と陽の気が激突して流れる出る溶岩が造りあげた結晶である。
すなわち、天地万物は、天然の溶鉱炉の中で鉱物を溶かして鋳型にはめて造りだされたものといえる。
それにしても、いったい誰が、唐の玄宗皇帝の治世、天保(七四二~七五五)の後までも美しい百合鴎を献上したのであろう。
それか派かれて分かれて、ついに東方の国、日本の一隅まで飛んできて、周防の湯田の川面にその可憐な姿を浮かべ、春景色を美しく描き出している。

toponsen09 toponsen09_sp

山口は激闘の幕末に活躍した維新志士たちとゆかりの深い土地。

湯田温泉はなんと、かの高杉晋作や伊藤博文、坂本龍馬らが度々訪れ、酒盛りをしていた場所なのです。

当時志士たちが集まっていたという歴史ある旅館も残されており、幕末の公卿で長州に亡命した後この地に滞在していた三条実美も、この旅館に度々滞在していたといわれています。この場所で、日本の歴史を築いた人物たちによる密議が夜ごと行われていた、というわけです。また、彼らが入浴したという浴槽も残されており、「維新の湯」と呼ばれています。江戸時代の末期につくられたこの浴槽は、高杉晋作、西郷隆盛、大久保利通、大村益次郎、坂本龍馬、伊藤博文など、誰もがその名を知る有名な志士たちがつかった貴重なものであるにも関わらず、誰でも利用できるのが魅力的です。

このような歴史を持つ湯田温泉のまちには井上馨の生家跡につくられた公園もあり、歴史に思いを馳せながら散策するのにちょうど良い場所、みなさんも、志士たちが癒された由緒ある湯にゆったりとつかり、その効用をじっくりと味わってください。

toponsen10

toponsen11

toponsen12

toponsen13 toponsen13_sp

中原中也を生んだ湯田の地


湯田温泉とゆかりのある著名人は、維新の志士だけではありません。日本のランボーといわれる詩人・中原中也も、実はこの土地で生まれ育った人物なのです。

明治四十(1907)年四月二十九日、中也は湯田温泉で医院を開業していた中原謙助、フクの長男としてこの地で生まれました。昭和四(1929)年に河上徹太郎ら友人たちと同人誌「白痴群」を創刊。昭和九(1934)年には第一詩集『山羊の歌』を出版し、詩壇に認められます。フランス詩の翻訳も手がけるなど広く活躍しましたが、わずか三十歳で短い生涯を閉じました。

その後、第二詩集『在りし日の歌』も刊行され、今も日本はもちろん海外でも多くの人々に愛されています。

中也の生家跡に建てられた「中原中也記念館」では、遺稿や遺品を中心に、貴重な資料を公開しています。また、井上公園に建つ詩碑では、中也がこの地を思い詠んだ「帰郷」という詩、錦川沿いにある詩碑には、小学校の教科書にもよく採用されている「童謡」という詩に出会うことができるでしょう。

toponsen14toponsen15

「帰郷」

これが私の古里だ
さやかに風も吹いてゐる
ああおまへは何をして来たのだと
吹き来る風が私にいふ

「童謡」

しののめの
よるのうみにて
汽笛鳴る。

こころよ
起きよ
目を覚ませ。

しののめの
よるのうみにて
汽笛鳴る。

象の目玉の
汽笛鳴る。

「帰郷」

これが私の古里だ
さやかに風も吹いてゐる
ああおまへは何をして来たのだと
吹き来る風が私にいふ

「童謡」

しののめの
よるのうみにて
汽笛鳴る。

こころよ
起きよ
目を覚ませ。

しののめの
よるのうみにて
汽笛鳴る。

象の目玉の
汽笛鳴る。

種田山頭火も愛した温泉


酒と旅、そして温泉を愛した俳人・種田山頭火もまた、湯田温泉にゆかりある人物のひとりです。山頭火は防府市の生まれですが、昭和七(1932)年、小郡の「其中庵(ごちゅうあん)」に住んでからは、十二キロの道を歩いて湯田温泉に通っていたと言われています。

その後、昭和十三(1938)年には湯田前町竜泉寺の上隣に移り住み、小郡・湯田の時代に、湯田温泉のことを多く詠んだとのこと。中でも錦川通りにある句碑に刻まれた作品は、ユーモラスにあふれたものとして親しまれています。

ちんぽこも
おそそも湧いて
あふれる湯

toponsen18

toponsen19 toponsen19_sp

正しい入浴の仕方


入浴方法を間違ってしまっては、せっかくの温泉効果もだいなしです。

温泉で健康な体をつくりたいのなら、正しい入浴方法を守りましょう。

toponsen20
温かいお湯にいきなりつかってしまうのは危険!
急激な温度の変化に体がびっくりしてしまい、思わぬ事故につながってしまいます。温泉につかる際は、まず念入りなかけ湯を。
その日の気温や体の温まり具合にもよりますが、20回を目安に、足、腰、指先、肩と胸から遠い順番にかけていくのがポイント。最後は頭にもかけましょう。
始めから全身浴をしてしまうのもおすすめできません。
温泉はまず、温かい湯や水圧に体を慣らすことが大切です。まずは半身浴から楽しんでください。
toponsen21
toponsen22

お化粧は事前に落としておくことが必要ですが、体を洗うのは温泉につかってからがよいでしょう。温まったことで毛穴が開き、汚れが落ちやすくなりますよ。
健康な方でもつかりすぎには注意。

汗が流れ出るようなら、それはつかりすぎのサインです。湯冷めの原因にもなってしまうのでほどほどに。
(入浴には水分補給が必須。入浴前と入浴後に、それぞれコップ一杯の水を飲むことを心がけてください。)

toponsen23
toponsen24

入浴後にシャワーを浴びている方、よくいらっしゃいますよね。
実は入浴後のシャワーは、せっかくの成分を洗い流してしまうことになるので、あまりおすすめはできません。湯田の湯の効用が薄れてしまいますよ!

入浴で消費されるエネルギーは、意外と多いってご存じでしたか?
血圧も変動するので、入浴後に体を動かしすぎるのは危険なのです。30分程度の休憩を行い、のんびりと温泉の余韻にひたっていただくとよいでしょう。体と髪はしっかり乾かして、湯冷めにも注意してください。

toponsen25
toponsen26 toponsen26_sp

療養にもご利用いただける湯田温泉の湯は、もちろん健康づくりにぴったり。
体調が良く快復力のある方は、全身浴など好きな方法で温泉を楽しみましょう。足湯・腰湯といった部分浴もおすすめです。全身を温め、血行をよくし、湯田温泉の効能を全身で感じてください。

ただし、飲酒後や食事直後の入浴は駄目。身体を温めるかけ湯も欠かすことのないよう注意が必要です。

療養される方へのアドバイス


白狐の傷も癒した湯田温泉の湯は、神経痛・関節痛や疲労回復という効能があり、病気やケガの療養にもご利用いただけます。病状によって温泉につかることができないものもあるので、注意が必要ですが、無理な入浴をしないことが大切です。

療養でご利用の場合、入浴の回数は初日が1~2回、次第に回数を増やしても、限度は3回までを守っていただくことが必要となります。めまいや食欲不振、だるさなどを感じた場合にはすぐに療養を控えてください。
通常の方も、初日は2回までが原則。1日につかる回数も最大で4回までを心がけましょう。何事もやりすぎは禁物です。

体調のあまり良くない方は入浴を控えた方がよいのですが、もし入られる場合には、かけ湯を20回以上行って十分に身体を温め、身体に負担がかかりにくい寝湯を5分~10分程度にしておくとよいでしょう。
入浴後は体力が消耗しています。15分以上ゆったりと休憩しておくことも大切です。あくまでも入浴時間は目安ですので、自分の体調に合わせ、無理をしないよう気をつけてください。
夜中にひとりで入浴するのも避けた方がよいでしょう。思わぬ事態になりかねません。

toponsen27

PAGETOP

湯田温泉旅館協同組合

〒753-0056
山口県山口市湯田温泉5-2-20
Tel (083)920-3000

湯田、山口でのご宿泊相談をこちらのメールフォームにて、受け付けております。

ご返信は、湯田温泉旅館案内所よりさせていただきます。
ご宿泊予定が、お問い合わせ日より一週間以内のお急ぎの方は、083-922-1811までお電話にてお問い合わせくださいませ。

【ドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様へのお願い】

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、
返信メールをお届する事ができません。ドメイン設定を解除して頂いただくか、
・湯田温泉についてのお問い合わせ『yudaspa@c-able.ne.jp』
・ご宿泊についてのお問い合わせ『Yudaonsen-yado@basil.ocn.ne.jp』
のアドレスを受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

モバイルの場合、ドメイン拒否を解除していただかないと返信メールがお客様に
届かないことがございます。 お手数ですが、ドメイン拒否解除をお願いいたします。

お問い合わせ内容をボックスから選択してください。
 湯田温泉についてのお問い合わせ ご宿泊についてのお問い合わせ